ホーム     PSIの世界

日本十進分類法 30 社会科学

【 分類項目 PSIリスト PSIポイント 参照リスト 】

ご注意:データが大容量のとき、コピー操作をすると応答不能になる場合があります。データを見るだけにして下さい。
日本十進分類法 30 社会科学
3 社会科学

 30 社会科学

  300 社会科学

  301 理論.方法論

   301.2 社会科学史
   301.6 社会科学方法論

  302 政治・経済・社会・文化事情

  303 参考図書[レファレンス ブック]

  304 論文集.評論集.講演集

  305 逐次刊行物

  306 団体:学会,協会,会議

  307 研究法.指導法.社会科学教育

   307.8 就職試験問題集<一般>

  308 叢書.全集.選集

  309 社会思想

   309.1 自由主義.民主主義
   309.2 空想的社会主義
   309.3 社会主義.マルクス主義.共産主義
   309.4 社会民主主義.社会改良主義.フェビアン社会主義
   309.5 サンジカリズム
   309.6 国家社会主義
   309.7 無政府主義
   309.8 全体主義.ファシズム.ナチズム
   309.9 国粋主義.ナショナリズム.民族主義

 31 政治

  310 政治

   310.4 政治論集.政治評論集.政治演説・講演集

  311 政治学.政治思想

   311.1 政治哲学
   311.2 政治学史.政治思想史
   311.3 国粋主義.ナショナリズム.民族主義
   311.4 保守主義
   311.5 絶対主義
   311.6 立憲君主主義
   311.7 民主主義
   311.8 全体主義.ファシズム
   311.9 社会主義.共産主義

  312 政治史・事情

   312.8 政治家<列伝>
   312.9 政治地理.地政学

  313 国家の形態.政治体制

   313.1 国家の形態:単一国家,連邦制,国家連合,付庸国
   313.2 国家の歴史:原始国家,古代国家,中世国家
   313.4 貴族政治
   313.5 封建制
   313.6 君主制.絶対君主制.立憲君主制
   313.7 民主制:共和制,議会政治
   313.8 独裁政治.ファシスト国家
   313.9 社会主義国家.ソビエト国家

  314 議会

   314.1 日本国の議会:帝国議会,国会
   314.8 選挙.選挙制度
   314.9 直接参政制度[直接民主制]:イニシアチーブ,リコール,レファレンダム

  315 政党.政治結社

  316 国家と個人・宗教・民族

   316.1 国家と個人:基本的人権,自由と平等,知る権利,プライバシー,思想・信教の自由,言論・出版の自由,集会・結社の自由
   316.2 国家と宗教
   316.4 政治闘争:テロリズム,政治ストライキ,ボイコット
   316.5 革命.反革命
   316.8 民族・人種問題.民族運動.民族政策

    316.88 ユダヤ人.シオニズム

  317 行政

   317.1 行政学.行政管理
   317.2 行政組織.行政機構
   317.3 公務員.国家公務員.人事行政
   317.4 国家試験
   317.5 栄典制度:位階,勲章,褒章,国葬
   317.6 行政事務.行政能率.行政監察.情報公開.オンブズマン.公文書
   317.7 警察.公安
   317.8 植民地行政
   317.9 外国の中央行政

  318 地方自治.地方行政

   318.1 地方制度
   318.2 地方行政史・事情
   318.3 地方公務員.人事行政
   318.4 地方議会.地方選挙
   318.5 地方行政事務・公報・文書・改善・監査.情報公開.オンブズマン
   318.6 地方開発行政
   318.7 都市問題.都市政策
   318.8 住民運動.民間自治組織[自治会]
   318.9 外国の地方行政

  319 外交.国際問題

   319.8 戦争と平和
   319.9 国際連合.国際連盟.国際会議

 32 法律

  320 法律

   320.9 法令集

  321 法学

   321.1 法哲学[法理学].自然法学
   321.2 法学史.法思想史
   321.3 法社会学
   321.4 法心理学
   321.9 比較法学

  322 法制史

   322.1 日本法制史
   322.2 東洋法制史
   322.3 西洋法制史
   322.4 アフリカ
   322.5 北アメリカ
   322.6 北アメリカ
   322.7 オセアニア
   322.8 法律家:法律学者,法曹界<列伝>
   322.9 外国法

  323 憲法

   323.1 日本の憲法
   323.9 行政法

  324 民法

   324.1 民法総則
   324.2 物権法.財産法
   324.3 担保物権法
   324.4 債権法.債権総論
   324.5 債権各論
   324.6 親族法.家族法.身分法
   324.7 相続法
   324.8 民事特別法
   324.9 外国の民法

  325 商法

   325.1 商法総則
   325.2 会社法
   325.3 商行為法
   325.4 保険法
   325.5 海商法.海法
   325.6 有価証券法
   325.8 商事特別法
   325.9 外国の商法

  326 刑法.刑事法

   326.1 刑法総論.犯罪理論.行為論.限時法
   326.2 刑法各論.犯罪の類型
   326.3 刑事政策.犯罪学
   326.4 刑罰:刑の量定,減刑,刑期
   326.5 行刑.矯正
   326.7 法医学.裁判医学
   326.8 刑事特別法
   326.9 外国の刑法

  327 司法.訴訟手続法

   327.1 司法制度.司法行政[法務]
   327.2 民事訴訟法
   327.3 強制執行法
   327.4 家事審判法.人事訴訟.人事調停
   327.5 民事調停法:調停制度
   327.6 刑事訴訟法
   327.7 人権擁護
   327.8 少年法.少年審判法.非行少年.少年犯罪
   327.9 外国の司法制度・訴訟制度

  328 諸法

   328.1 経済産業法:経済統制,企業,金融,財政,商業
   328.2 農林水産法
   328.3 鉱工業法.建設法.公害法
   328.4 交通・通信法
   328.5 無体財産法
   328.6 労働法
   328.7 社会・厚生法:社会福祉・保険,医事衛生,薬事
   328.8 文化・教育法:宗教,教育,出版,新聞,興業,文化財
   328.9 国防法

  329 国際法

   329.1 国際法の主体.国家.国際人格法
   329.2 国際法の客体.人.領域.公海.国際管轄法
   329.3 国際団体法.国際機関法
   329.4 国際条約
   329.5 国際紛争の処理:交渉,周旋,仲介,調停
   329.6 戦時国際法.戦争法
   329.7 国際刑法.国際警察
   329.8 国際私法
   329.9 国籍法.外国人法

 33 経済

  330 経済

   330.6 団体:学会,協会,会議

  331 経済学.経済思想

   331.1 経済哲学
   331.2 経済学説史.経済思想史
   331.3 古典学派前史
   331.4 古典学派[正統学派]
   331.5 歴史学派
   331.6 社会主義学派.マルクス経済学派
   331.7 近代経済学派.近代理論
   331.8 経済各論

  332 経済史・事情.経済体制

   332.1 日本経済史・事情
   332.8 経済人.実業家.財界人<列伝>
   332.9 経済地理

  333 経済政策.国際経済

   333.1 経済計画.計画経済
   333.2 統制経済.管理経済
   333.3 戦争経済:戦時経済,賠償,戦債
   333.4 アウタルキー[自給自足経済]
   333.5 国土計画.地域計画[総合開発]
   333.6 国際経済
   333.7 経済統合.経済ブロック
   333.8 経済協力.経済援助
   333.9 貿易

  334 人口.土地.資源

   334.1 人口理論:マルサス主義,新マルサス主義
   334.2 人口史.人口統計.人口構成.人口密度
   334.3 人口問題.人口政策
   334.4 移民[来住民]・難民問題.移民[来住民]・難民政策
   334.5 移民[流出民]・植民問題.植民政策
   334.6 土地.土地経済.地価.土地行政.土地法
   334.7 資源.資源行政.資源法

  335 企業.経営

   335.1 経営学
   335.2 経営史・事情
   335.3 企業構造.産業組織.企業形態
   335.4 私企業.会社
   335.5 企業集中[企業結合].独占
   335.6 協同組合.産業組合
   335.7 官業.公企業:公共企業体,公社,公団,統制会
   335.8 公益企業
   335.9 社会主義企業

  336 経営管理

   336.1 経営政策.経営計画
   336.2 合理化.生産性.能率
   336.3 経営組織.管理組織
   336.4 人事管理.労務管理.人間関係.ビジネスマナー.提案制度
   336.5 事務管理
   336.6 生産管理.生産工学.管理工学
   336.7 営業管理[業務管理].商業経営.商店
   336.8 財務管理.経営財務
   336.9 財務会計[企業会計].会計学

  337 貨幣.通貨

   337.1 貨幣理論・学説・思想
   337.2 貨幣史・事情.貨幣制度.各国の通貨
   337.3 通貨政策.通貨問題.幣制改革
   337.4 紙幣.銀行券:発行・準備・兌換制度
   337.8 物価
   337.9 景気変動:インフレーション,デフレーション

  338 金融.銀行.信託

   338.1 金融市場.資金
   338.3 金融・銀行政策.金融統制
   338.4 発券銀行.中央銀行
   338.5 銀行経営.銀行業務
   338.6 各種の金融機関・銀行
   338.7 庶民金融.消費金融.消費者金融.クレジット
   338.8 信託業.信託銀行
   338.9 国際金融

  339 保険

   339.1 保険理論.保険数学.アクチュアリー
   339.2 保険業史・事情
   339.3 保険政策・行政
   339.4 生命保険
   339.5 損害保険
   339.6 火災保険
   339.7 運送保険
   339.8 海上保険:船舶保険,貨物保険
   339.9 その他の保険:新種保険

 34 財政

  340 財政

  341 財政学.財政思想

   341.2 財政学説史.財政思想史
   341.7 収入論

  342 財政史・事情

  343 財政政策.財務行政

   343.2 財政法.会計法
   343.7 経費.財政支出
   343.8 会計検査
   343.9 会計制度.官庁会計・簿記

  344 予算.決算

  345 租税

   345.1 租税政策・行政.税制改革
   345.2 租税史・事情
   345.3 収得税
   345.4 収益税
   345.5 財産税
   345.6 流通税
   345.7 間接税:物品税

  347 公債.国債

   347.1 公債政策.公債計画
   347.2 公債史・事情
   347.5 公債管理.償還・減債基金
   347.6 大蔵省証券
   347.7 外国債

  348 専売.国有財産

   348.3 国有財産
   348.4 専売事業

  349 地方財政

   349.2 地方財政史・事情
   349.3 地方財政政策・財務行政
   349.4 地方経費.地方費.予算・決算
   349.5 地方税.地方交付税
   349.7 地方債
   349.8 公有財産
   349.9 都市財政問題

 35 統計

  350 統計

   350.1 統計理論.統計学.製表
   350.2 統計史・事情
   350.9 世界統計書

  358 人口統計.国勢調査

  359 各種の統計書

 36 社会

  360 社会

  361 社会学

   361.1 社会哲学
   361.2 社会学説史
   361.3 社会関係.社会過程
   361.4 社会心理学
   361.5 文化.文化社会学:文化変容,社会進歩,社会解体
   361.6 社会集団
   361.7 地域社会
   361.8 社会的成層:階級,階層,身分
   361.9 社会測定.社会調査.社会統計

  362 社会史.社会体制

  364 社会保障

   364.1 社会政策
   364.3 社会保険
   364.4 健康保険.国民健康保険
   364.5 労働者災害補償保険
   364.6 国民年金.厚生年金.共済年金
   364.7 失業保険.雇用保険

  365 生活・消費者問題

   365.1 衣料問題
   365.2 食糧問題
   365.3 住宅問題
   365.4 生計費.家計調査
   365.5 生活実態調査.生活時間調査
   365.6 生活改善.合理化.新生活運動
   365.7 余暇
   365.8 消費者運動

  366 労働経済.労働問題

   366.1 労働政策・行政・法令
   366.2 労働力.雇用.労働市場:就業人口,労働移動
   366.3 労働条件.労働者の保護
   366.4 賃金
   366.5 労使関係.労資協調
   366.6 労働組合.労働運動
   366.7 労働者生活・教育.技能者養成
   366.8 各種の労働・労働者
   366.9 労働科学.産業社会学

  367 家族問題.男性・女性問題.老人問題

   367.1 女性.女性論
   367.2 女性史・事情
   367.3 家.家族関係
   367.4 婚姻・離婚問題
   367.5 男性.男性論
   367.6 児童・青少年問題
   367.7 老人.老人問題
   367.9 性問題.性教育

  368 社会病理

   368.2 貧困.スラム.どや街.浮浪者.ホームレス
   368.3 自殺.自殺防止
   368.4 人身売買.売買春.公私娼
   368.5 反社会集団
   368.6 犯罪.犯罪人.組織犯罪
   368.7 青少年犯罪
   368.8 中毒者

  369 社会福祉

   369.1 福祉政策・行財政・法令
   369.2 公的扶助.生活保護.救貧制度
   369.3 災害.災害救助
   369.4 児童福祉
   369.5 経済保護:授産事業,簡易宿泊所,公益質屋
   369.7 地域福祉.セツルメント[隣保事業]
   369.8 矯風事業
   369.9 医療社会福祉.医療保護

 37 教育

  370 教育

   370.8 叢書.全集.選集

  371 教育学.教育思想

   371.1 教育哲学
   371.2 教育学史.教育思想史
   371.3 教育社会学.教育と文化
   371.4 教育心理学.教育的環境学
   371.5 各種の教育論・類型
   371.6 道徳教育.宗教教育.情操教育.公民教育
   371.7 教育測定.教育評価
   371.8 教育調査法.教育統計法

  372 教育史・事情

   372.1 日本教育史・事情
   372.8 教育家<列伝>

  373 教育政策.教育制度.教育行財政

   373.1 教育政策.教育制度.学校制度
   373.2 教育行政.教育委員会.教育視察
   373.4 教育財政.教育費.私学助成.奨学制度.育英会
   373.7 教員の養成・資格.教員検定

  374 学校経営・管理.学校保健

   374.1 学級経営・編成.指導要録.成績管理
   374.2 生徒論:男女共学,共学問題
   374.3 教職員
   374.4 学校行事:学校儀式
   374.5 学校事務.学校会計
   374.6 家庭と学校との関係:PTA,学校父母会,後援会,同窓会
   374.7 学校施設・設備
   374.8 校外教育:林間学校,臨海学校
   374.9 学校保健

  375 教育課程.学習指導.教科別教育

   375.1 学習指導<一般>.学習指導要領
   375.2 生活指導.生徒指導
   375.3 社会科教育
   375.4 科学教育
   375.5 技術・家庭科
   375.6 職業科.高校職業課程.職業教育.産業教育
   375.7 芸能科
   375.8 国語科.国語教育
   375.9 教科書

  376 幼児・初等・中等教育

   376.1 幼児教育.保育.就学前教育.幼稚園.保育園
   376.2 初等教育.小学校
   376.3 中等教育.中学校
   376.4 高等学校.高校生活
   376.7 各種学校.専修学校.専門学校
   376.8 予備教育.塾教育.入学試験.受験.学習塾
   376.9 外国人学校.在外邦人学校

  377 大学.高等・専門教育.学術行政

   377.1 大学の管理・組織・運営.法令・基準.大学の自治
   377.2 大学の歴史・事情
   377.3 短期大学.高等専門学校
   377.5 学位
   377.6 海外留学.交換教授.国際学術交流
   377.7 学術研究奨励
   377.9 学生.学生生活.学生問題

  378 障害児教育

   378.1 視覚障害児:盲児.弱視児.盲教育
   378.2 聾唖児.難聴児.言語障害児.聾教育
   378.3 肢体不自由児.整形学校
   378.4 虚弱児.養護学校
   378.5 言語発達遅滞児.吃音矯正
   378.6 精神薄弱児・遅滞児
   378.7 脳性麻痺児
   378.8 情緒障害児
   378.9 障害者の教育・訓練

  379 社会教育

   379.1 社会教育行財政・法令
   379.2 社会教育施設:公民館,公会堂,コミュニティ センター
   379.3 青少年教育・団体.児童文化活動
   379.4 成人教育
   379.5 集会学習.視聴覚教育
   379.6 集団学習.サークル活動
   379.7 通信教育.独学
   379.8 教化運動
   379.9 家庭教育

 38 風俗習慣.民俗学.民族学

  380 風俗習慣.民俗学.民族学

   380.1 民間伝承論.民俗学
   380.9 比較民俗学

  382 風俗史.民俗誌.民族誌

   382.8 民俗(族)学者<列伝>
   382.9 地理区分できない民族

  383 衣食住の習俗

   383.1 服装.服飾史
   383.2 冠帽.履物
   383.3 装身具[アクセサリー]
   383.4 手袋.襟巻.ショール.扇子.ステッキ
   383.5 結髪史.髪型.髪飾り.化粧史
   383.6 沐浴史
   383.7 身体変工:刺青[入墨],御歯黒,耳朶穿孔,纒足,抜歯
   383.8 飲食史[食制]
   383.9 住生活史

  384 社会・家庭生活の習俗

   384.1 村制民俗:垣内,組,宮座,講,氏子,族制
   384.2 都市
   384.3 生業.交通儀礼
   384.4 家構成.家庭生活:苗字,家号,家柄,分家.親族
   384.5 子供の生活
   384.6 女性の生活
   384.7 性風俗:接吻,交接,妾,恋愛,同性愛
   384.8 趣味娯楽
   384.9 芸者.遊里.遊女.幇間

  385 通過儀礼.冠婚葬祭

   385.2 産育習俗[誕生儀礼]:出産,産湯,命名,七夜,宮参り,七五三
   385.3 元服.成年式
   385.4 婚姻習俗[婚姻儀礼]:見合,婚約,結納,結婚式,里帰,水祝
   385.5 厄年.算賀:還暦,古稀,喜寿,米寿,白寿
   385.6 葬送儀礼:葬送,殉死,服忌
   385.7 法要.年忌
   385.9 礼儀作法[エチケット].社交.贈答

  386 年中行事.祭礼

   386.8 民俗芸能[郷土芸能].民俗舞踊[郷土舞踊]
   386.9 祝祭日

  387 民間信仰.迷信[俗信]

   387.3 稲荷信仰
   387.4 地蔵信仰
   387.5 道祖神
   387.6 庚申信仰
   387.7 絵馬
   387.9 迷信[俗信]

  388 伝説.民話[昔話]

   388.8 ことわざ[俚諺]
   388.9 民謡.わらべ唄

  389 民族学.文化人類学

 39 国防.軍事

  390 国防.軍事

   390.1 国防思想.軍国主義
   390.7 研究法.指導法.軍人教育:軍事教練
   390.9 軍隊生活:軍規,制服,軍旗,祭典,儀式

  391 戦争.戦略.戦術

   391.1 戦争:哲学,心理学
   391.2 戦史.戦記
   391.3 戦略.戦術.戦闘.心理戦争
   391.4 占領地行政.軍政.宣撫工作
   391.6 軍事情報.軍機保護.スパイ活動
   391.9 戦争地理[兵要地誌]

  392 国防史・事情.軍事史・事情

   392.1 日本の国防史・事情
   392.8 軍人<列伝>

  393 国防政策・行政・法令

   393.1 軍備制限・拡張.軍縮問題.再軍備
   393.2 軍事・国防行政.軍事法.軍制
   393.3 軍事司法.軍法会議.憲兵
   393.4 戒厳
   393.5 軍の編成・配置
   393.6 動員と復員.民間防衛
   393.7 国防費[軍事費].軍の経理・管理

  394 軍事医学.兵食

   軍事医学.兵食

  395 軍事施設.軍需品

   395.3 軍事基地
   395.5 軍需品:軍服,食糧
   395.8 軍用動物:軍馬,軍用犬,軍用鳩
   395.9 兵站.軍事輸送

  396 陸軍

   396.1 部隊の編成・経理・管理
   396.2 陸軍史.各国の陸軍
   396.3 陸戦.戦闘
   396.4 演習.閲兵式
   396.5 歩兵.騎兵
   396.6 砲兵
   396.7 工兵.戦車兵.自動車兵.通信兵.輸送兵
   396.8 航空部隊
   396.9 陸軍生活.酒保

  397 海軍

   397.1 部隊の編成・経理・管理
   397.2 海軍史.各国の海軍
   397.3 海戦.海上作戦.船団護衛
   397.4 艦隊演習.観艦式
   397.5 海軍兵科
   397.6 陸戦隊
   397.8 海軍航空隊
   397.9 艦隊生活

  398 空軍

   398.1 部隊の編成・経理・管理
   398.2 空軍史.各国の空軍
   398.3 空中戦.航空作戦

  399 古代兵法.軍学

   399.1 日本の兵法
   399.2 中国の兵法
日本十進分類法 30 社会科学 の「 分類項目 参照リスト 」

(御注意:)分類、項目名称、出典、等は『日本十進分類表(NDC)区分表』、『日本標準産業分類』、『日本標準職業分類』、『日本標準商品分類』、『ウィキペディア(Wikipedia)』、『 NDC Navi 』、『グーグルサジェスト』、その他等を参考にしています。 自分の興味のある項目を選択し記憶してください。ただし、その信ぴょう性については各自の責任において判断してください。当方としては責任は負いかねます。
また、将来、「PSIリストとPSIポイント」の表示画面をコピーし「 PSIライン式記憶法 」(java製)で表示することが可能になる予定です。
ご注意:更新前のためアドレス、等情報が変更になっている場合があります。ご了承ください。
[ 表示履歴 ]

2018年3月5日
2018年3月6日


[ PSIライン式記憶法 ]

[ 実践講座 ]
PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。


[ PSIライン式記憶法 ]

PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。


[ PSI ニュース ]

PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。


[ PSIリスト集 ]

PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。


[ 大腸がんリハビリの記録 ]


PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。






PSIとは [ Point_Space_Information ] を意味します。PSIライン式記憶法 とは 独特な折れ線 [ PSIライン( 上記グラフ ) ] を使用します。
「 PSIライン式記憶法 」 とは 「 PSIライン 」上の点「 PSIポイント 」の上に「 できごと 」を記憶していきます。 「 PSIリスト 」 とは 専用のソフト「 PSIライン式記憶法(java)」で表示するためのリストです。

【 TKソフト | お問い合わせ | 著作権/商標/免責事項プライバシーポリシー記載の記事・イラストなど、すべてのコンテンツの無断作成使用・改造・複写・転載・販売・公衆送信等を禁じます。 】